受講料金

月2回/45分
¥8,000

※別途施設利用費¥926/月が掛かります。

Jazzフルートって?

ジャズは自由で落ち着いた大人な雰囲気の曲を連想される方が多い為、フルートの奏でる音は合わないのではないかと考えられる方もいらっしゃいますが、これがそうでもないのです。

ジャズにフルートが加わることで、曲に華やかさが加わり、これまでとは違ったジャズの新しい一面を見せてくれるのです。もちろん全体的にフルートが加わる曲は多くはありませんが、人々を魅了するジャズフルート奏者もいらっしゃいます。

□代表的なJazzフルート奏者

ハービー・マン

ジャズフルート奏者を語るのであれば、彼をまず第一に紹介せねばならないでしょう。

ジャズという世界においてフルートが活躍しだしたのは歴史としてはまだ最近のことなのですが、マイナーな時代にフルートでもジャズの世界で勝負できるという事を証明した、いわばジャズフルートの第一人者とも言える存在です。

誰もが踏み入れたことない分野に足を踏み入れ、その中でヒット曲をいくつも出したことは、まさに彼の功績と言ってもいいでしょう。彼がいなければジャズフルートと言うものは未だマイナーなままだったかもしれません。

現在いらっしゃる多くのジャズフルーティストが彼を尊敬し、彼に影響を受けています。またジャズフルートファンを語るのであれば、知らない人はいないほど有名かつ人気の奏者です。

ヒューバート・ロウズ

フルートやピッコロの演奏を生業としているフルーティストです。またクラシックだけでなくジャズフルート奏者としても有名です。

音楽一家として知られるロウズ一家の次男として誕生し、ジュリアード音楽院を卒業して、フルーティストとして活躍するようになりました。1970年代にはグラミー賞に3回ノミネートされるほど実力が認められています。

主にはジャズフルートが盛んなアメリカを拠点としていますが、海外でも公演を行い、日本でもジャズの祭典などで演奏をしています。その為ジャズファンとして馴染みの深い人物でもあります。

またディスコグラフィも数々発表しており、ジャズ好きなら彼の演奏を一度は聞いたことがあるという方ばかりです。

井上信平

日本人にも有名なジャズフルート奏者がいます。

彼は東京芸術大学附属高校卒業後、単身アメリカへ留学し、バークリー音楽院やマネス音楽院でジャズやフルートを学び、そのままニューヨークで活動を行っています。

ジャズフェスティバルへの参加の他、レコーディングプロジェクトも行うなど精力的に活動を行ってきました。時々日本に戻り、コンサートやライブ、CM、ドラマなど幅広く活動をするほか、日本だけに限らず東南アジアにも活動の範囲を広げています。

プロデュースにも力を入れており、織田裕二や小柳ゆきなどのアレンジャープロデュースを手掛けるなどして注目を集めました。