名前

亀谷彰一 かめや しょういち

担当楽器・コース

トロンボーン
呼吸法ヨガ

プロフィール

東京芸術大学音楽学部卒業
クロード・ドビュッシィー音楽院卒業
「プラハの春 国際音楽コンクール」トロンボーン部門 ファイナリスト
在学中よりトロンボーン演奏でその力を認められ
在京のオーケストラを始め各地でプロとしての活動を行う。

1977年・1979年 東京文化会館 主催推薦音楽会(現・東京国際音楽コンクール)に入賞。東京文化会館小ホールにてジョイントコンサートを開催
1980年 東京芸術大学モーニングコンサートにソリストとして出演
フランク・マルタン『トロンボーンのためのバラード』を東京芸大オーケストラと共演
1981年 東京芸術大学を卒業。
同年、札幌教育文化会館小ホールにて札幌交響楽団員とジョイントリサイタルを開催
1982年5月 チェコスロバキア、「プラハの春国際音楽コンクール」トロンボーン部門に於て、日本人として初の本選進出という快挙を達成。合わせてディプロマ賞を受賞
1983年2月東京文化会館小ホールにて第一回のソロリサイタルを開催する
11月、NHK FM 午後のリサイタルに出演
1984年 フランス・パリへ一年留学、クロード ドビュッシィー音楽院へ入学。故ギイ・デスタンク氏(パリ音楽院教授・パリ管弦楽団トロンボーン奏者)に師事。パリにて幅広く音楽の研鑽を積む
1985年 クロード ドビュッシィー音楽院を卒業。名誉賞を受賞
1986年 帰国後、東京、大阪、名古屋、札幌など全国8カ所にてリサイタルを開催
1991年5月 CD「ヴォカリーズ」をリリース

その後、国内はもとより、ロシア「サンクト・ペテルブルク」でのアンサンブルとソロの演奏、オーストリア「ウイーン」スイス「ジュネーブ」「ルツェルン」台湾「台北」での協奏曲の演奏等、国内外で勢力的にソロ・リサイタルアンサンブル活動を行う傍ら、 室内楽、オーケストラの分野でも活躍している。NHK教育テレビ・NHKFM等への出演の他、コマーシャルのスタジオ録音や映画のサウンドトラック演奏も行っている。国内でのリサイタルは50回を数え、トロンボーン奏者としては国内最高回数を誇る。

著作物としては、音楽之友社「バンドジャーナル」・「パイパーズ」等にたびたび寄稿。「管楽器名曲集」「トロンボーン名曲集」「クラッシックトロンボーン名曲集」「クラッシックトロンボーン名曲集2」等がドレミ楽譜出版社より出版されている。
また、指揮者として、吹奏楽・オーケストラの分野で、名古屋音楽大学吹奏楽団「シンフォニックウインズ」「岐阜大学管弦楽団」「エルム管弦楽団」「蒲郡市吹奏楽団」等、全国各地の吹奏楽団・交響楽団の指揮・指導を勤め好評を博している。

教育分野では、「東京コンセルバトワール尚美」「名古屋音楽大学」「同朋高等学校」「中部楽器技術専門学校」講師を歴任。
傍ら、全国の大学・自衛隊音楽隊・警察音楽隊・消防音楽隊・小中高及び一般吹奏楽団にて「トロンボーン奏法」「呼吸法」「発音法」「合奏法」の指導を行い、朝日中日両吹奏楽コンクールや日本管打楽器コンクール、日本管弦打楽器ソロ・コンクールの審査員を始め、各地のコンクールの審査員を務めるなど幅広く活躍している。

トロンボーン奏者
呼吸法・発音法研究家
日本トロンボーン協会 理事
名古屋トロンボーン協会 顧問
名古屋音楽館 講師
タートル・ボーン 代表
さとりミュージック アドバイザー

■各項目へのワンポイントインストラクション

《トロンボーン》

音を出すことの喜びを味わう
音を出すことで心を表現することを味わう
技術の習得による可能性を追求する
計画を決めたレッスン
具体的な目標
具体的なテクニック
具体的な音域
具体的な曲
期間を決めて、達成していく

《ヨガ》

無理のない、誰でもできる健康ヨガ
毎日の生活が楽しく楽になります
管楽器の呼吸法にも直接いい影響を与えます

《呼吸法》

ヨガ式の呼吸法をもとに解剖学的な所見を加え実際の演奏に応用して行きます。
スラーの時は?スタッカートの時は?フォルテの時は?ピアノの時は?
曲に合わせて正確な表現ができるように指導します。
金管楽器、木管楽器を問わず学ぶことができます。

《吹奏楽指導》

吹奏楽コンクールの成績を必ず良くします。
銅賞は銀賞に
銀賞は金賞に
ダメ金は代表に
確実な指導法と
音楽の分析
コンクール用のノウハウを傾けて
結果を出します。
木管楽器 金管楽器 打楽器 等の
個別のパート指導もご遠慮なくお申し込みください。